思い出を追い求めて

「描くこと」は記憶をたどる旅のようなものだ。思い出を失わないために描き続ける。

ART WORKS

塩のインスタレーションや平面作品など、国内外で発表を続ける山本基作品を紹介。

再び出会うために

確かに存在していたはずの大切な何かが目の前から消えてしまった驚きと悲しみ。 そして、再び会いたくても、決して叶わない現実。 私はこの葛藤を日記のように形にしてきた、、、

詳細を見る

塩で

作品の一部となっている塩もかつては私たちの命を支えていたかもしれない。そんな思いを抱くようになったから頃から、塩には「生命の記憶」が内包されているのではないかと感じるようになった、、、

詳細を見る

描き続ける

雑念は信念を脅かし、混沌を深くする。しかし、描くという行為を続けること、このような機会をできる限り持つことが私の使命なのだろう。そこから何が生み出され、何を失うのか、、、

詳細を見る

INSTALLATION

静謐さ 神聖な領域へ

「山本氏の芸術活動には祝祭性、生命の表現、身体を通した創作、鑑賞者の参加、大自然とのつながり、宇宙観など私が本書の中で語ってきた芸術の本質のすべてがある。二十世紀末から二十一世紀にかけて日本で生み出され、生み出されつつあるものの中に、二十一世紀の新しい芸術を切り開くものがあるのではないか」 小林道憲著 [芸術学事始め]  "あとがき"より抜粋

  1. ケルン 制作記録

    滞在制作・個展「SALZ」の記録

  2. 海に還るプロジェクト

    皆さんの手を借りて。

  3. 制作プロセス

    身体に委ね、静かに描く。

  4. 美しさの裏側に。

  5. 記憶へ・空蝉

    行き先のない階段

  6. 箱根の森の物語

  7. たゆたう庭

    思い出をひとつひとつ。

  8. 迷宮

    忘れないために、描き続ける。

展覧会のお知らせ

記憶へ・空蝉

行き先のない階段

詳細を見る

迷宮

忘れないために、描き続ける。

詳細を見る

たゆたう庭

思い出をひとつひとつ。

詳細を見る
PAGE TOP