「高見島―京都:日常の果て」

現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。

高見島―京都:日常の果て

昨年秋に高見島で開催された「瀬戸内国際芸術祭2016」の報告展です。
高見島までは塩のインスタレーション「たゆたう庭」を制作しましたが、今回の報告展での私の出品作品はドローイングと写真作品でインスタレーションはありません。
高見島は京都精華大学が中心となって展示の企画を行ったため、今回の報告展開催に至りました。

2017年6月16日(金)~7月15日(土) 開館時間:11:00~18:00
■山本基 アーティスト・トーク 7月8日(土)13:00~14:00 ギャラリーフロール
参加作家:APP ARTS STUDIO、内田晴之+小川文子+田辺桂、後藤靖香、田辺 桂、中島伽耶子、MuDA、若林亮、山本基

現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。

 

関連記事一覧

  1. 現代美術アーティスト・山本基が瀬戸内国際芸術祭2016に参加。塩のインスタレーションを高見島の古民家で滞在制作。
  2. BS11,フランス人がときめいた日本の美術館,驚きとワクワクでいっぱい,金沢21世紀美術館
  3. 迷宮のドローイング・山本基・トレーシングペーパーをガラスで挟み込んだ作品
  4. 工芸建築展, 金沢21世紀美術館, 趣都金澤, 東アジア文化都市, VR,ヴァーチャルリアリティ,インスタレーション,塩,山本基,コラボレーション
  5. 変容する家,金沢21世紀美術館,元ちゃんハウス,山本基,インスタレーション,塩,モクレン
  6. 変容する家,元ちゃんハウス,はなうめ,山本基,金沢21世紀美術館
PAGE TOP