思い出を編み上げる

たゆたう庭

思い出をひとつひとつ。


「たゆたう庭」 - 想い出のレース

「たゆたう庭」は記憶の引き出しに入れられたまま忘れ去られようとしている思い出を、時間を掛けながら探し出し、それらをつないで編み上げる行為と言えます。大きさの異なる塩のセル(泡のようにも見える塩の線で描かれた不定形)をつなぎ合わせ、渦巻状に展開する作品です。

“渦巻きと迷宮” - 再生・永遠のシンボル
渦巻文様は、主に東アジア地域で生と死、そして強い生命力を示すよみがえりや再生、永遠を意味するシンボルとして用いられてきたもので、例えば縄文土器や弥生時代に製作された銅鐸に描かれたものがこれに該当します。ちなみに、迷宮(実際は迷路状に絡み合った文様)は、スコットランドやギリシャなどで発生した西洋におけるほぼ同義のシンボルです。

PAGE TOP