思い出に出会うために

迷宮

忘れないために、描き続ける。


「迷宮」 – 必然と偶然 

塩で路を描くこと。それは私自身の記憶をたどる旅のようなものです。
多くの大切な記憶は時と共に変化し、そして薄れて行きますが、私は写真や文章では決して残すことができない記憶の核心にもう一度触れてみたいのです。しかし、塩の路が核心に到達しているかどうかは、全てを描き終わるまで私自身にもわかりません。なぜなら、それは描く途中で意図しない方向に曲がり、時に途切れてしまうからです。塩の路は私自身の心の動きや体調だけでなく、床のくぼみや湿度にも左右されながらかたち作られています。
必然と偶然が絡まり合った塩の路、、、。私は、作品が完成した後でそれを静かにたどることにしています。

PAGE TOP