海に還るプロジェクト in 尾道・百島

海に還るプロジェクト・手で塩を触る

尾道の離島・百島での新作展示も残すところ数日となりました。
会期最終日の11月12日(日)に開催する「海に還るプロジェクト」と「トークイベント」のお知らせです。私と作品を一緒に壊し、その塩を百島の海に還しましょう。

11月12日(日)
 16:00 〜 海に還るプロジェクト(展示会場 〜 百島・福田港付近の海岸)
 19:00 〜 トークイベント(尾道市立大学サテライトスタジオ/尾道市土堂町)

■海に還るプロジェクト

・ 日時|11月12日(日)16:00〜 トーク&プロジェクト開始
・ 場所|作品展示会場(五右衛門風呂の家/百島)〜 百島/福田港付近の海岸(百島/福田港から会場までの道のりはチラシの地図をご覧下さい)
・ 趣旨|作品を描くために使用した塩を皆さんと共に海に還すものです。私と一緒に作品を壊し、集めた塩を百島の海に撒きます。巡りめぐる生命の繋がりを祝福するイベントです。
・ 料金|無料(プロジェクトのみ参加の場合は無料 / 他作品も鑑賞する場合は別途料金が必要です)
【海に還るプロジェクトとは】

■トークイベント

・日時|11月12日(日)19:00~(開場 18:30)
・場所|尾道市立大学サテライトスタジオ(尾道市土堂1丁目8-5)
・コーディネート|小野 環(尾道市立大学准教授)
・話し手|中尾 浩治(海と山のアート回廊プロデューサー)、柳幸典(アーティスト)、山本基
・内容|今年尾道でスタートした2つの現代アート企画、「海と山のアート回廊」・「十字路」の連携企画。その誕生のきっかけや内容について企画の担い手とアーティストが語り合います。尾道における現代アートの可能性や今後の展望をみんなで考える機会です。

■船便について

※ 次の便でお越し下されば間に合いますが、ゆっくり鑑賞して頂くにはもう一本早い便をお薦めします。なお、百島の港には誘導員が待機しています。
14:30 尾道港発 フェリー(15:23 百島着)
15:30 常石港発 高速船(15:39 百島着)
※ プロジェクト直後の便で尾道に帰ればトークイベントに間に合います。
17:22 百島/福田港発 高速船(18:13 尾道港着)
※ 詳細は備後商船の時刻表をご覧下さい。

山本基の新作インスタレーション・瑠璃の龍

新作インスタレーション「瑠璃の龍」 この作品を壊して海に還します

作品をみんなで壊す

過去のプロジェクトの様子

国内外の海で塩を還す様子

海に塩を還す様子

【山本基作品 展示情報】

2017年11月12日(日)まで
時間:10:00〜17:00 (休館日:月・火・水)

場所:五右衛門風呂の家「乙1731」(百島/福田港から会場までの道のりはチラシの地図をご覧下さい)
アクセス・宿泊案内 フェリー時刻表
料金:無料(11/12 海に還るプロジェクト・アーティストトークのみ参加の場合)「十字路」の他作品も鑑賞する場合は1000円

■ フライヤー 海と山のアート回廊 + 十字路 -ONOMICHI ART CROSSROADS-

アートベース百島「十字路 -ONOMICHI ART CROSSROADS-」山本基・塩のインスタレーション・フライヤー表 アートベース百島「十字路 -ONOMICHI ART CROSSROADS-」山本基・塩のインスタレーション・フライヤー裏

関連記事一覧

  1. 瑠璃の龍 公開制作
  2. 現代美術アーティスト・山本基が「BIWAKOビエンナーレ2016」塩で制作したインスタレーション「たゆたう庭」。
  3. 山本基、迷宮、塩、エーグモルト、フランス
  4. 山本基の新作インスタレーション・瑠璃の龍
  5. 迷宮のドローイング・山本基・トレーシングペーパーをガラスで挟み込んだ作品
  6. 現代美術アーティスト山本基がドロイーングを出品。瀬戸内国際芸術祭2016の報告展「高見島―京都:日常の果て」。
PAGE TOP